新商品/メニュー開発 必要と不要の区分の仕方

支援先で頻繁に在ることについて。
売上を高めようと、本腰を入れる矢先、必ず、この論点が登場します。

「新商品を開発しよう!」
「新メニューを開発しよう!」

意気込みはOKなのですが、
そもそも、それだけが売上向上策では無いことを、今一度、確認しておきましょう。

では、小規模事業を営む飲食店、菓子製造業、食品製造業、洋菓子店、和菓子店の皆さん
久保正英 ケーキ洋菓子店.jpg
そもそも、新商品やメニュー開発が必要、不要、どのように判断すれば良いのでしょうか。

以下に、その論点を紹介しますね。

=========
1.商品開発のメリット/デメリット

そもそも、商品開発はなぜ必要なのでしょうか。ここを検討することが、はじめの第一歩と言えるでしょう。
以下に紹介するメリットやデメリットを確認しておくと、理解が深まります。

⇒商品開発の一連の過程で、自らの事業を見つめ直すことが可能であり、自社の存在価値が理解できる。
⇒近未来の「稼ぎ頭」を生み出す可能性がある。

⇒生み出した商品がヒットするとは限らないため、商品開発に費やした時間や資金がムダになる可能性がある。
⇒既存事業のイメージと逸脱する商品が開発された場合、稀に既存事業の「良いイメージ」が毀損する可能性がある。
⇒新商品を拡販するにあたって、相応の販売促進費が必要になる。

2.商品開発を「実施すべき事業者と実施すべきでない事業者」

国内外の多くの2次データや論文では、「新商品を多く生み出しても(イノベーションの数が多くても)、経営の成功につながらない」という事実が、あきらかになっています。

例えば アメリカの20400社を母集団に調査した名著『ビジョナリー・カンパニー4』など。

つまり、積極的に新商品開発をしなくても、売上を高めていくことは可能、あるいは経営は、成功できる!ということですね。

既存事業や既存品の売れ行きが悪い場合、新商品開発で苦難を乗り切ろうとする事業者が多いですが、既存事業や既存品の見直しで成功できることも念頭に、新商品開発の是非を吟味することも大切です。
もっと言いますと、既存品の見直しの方が、売上を高めることに直結しやすいとも言えます。

既存事業や既存品の見直しとは、例えば、「今とは異なる販促内容や販促手段を用意し売る」ということです。

同じ商品を、売り方だけ変えて、ひたすら売る。これが利益率が高い事業のKEY(カギ)と言えます。

あなたの事業にとって、新商品開発が「いま!」あるいは「未来に?」必要なのかを念入りに見つめ直すことが大切です。
見つめ直すことができる事業者が、実施すべき事業者になります。

3.新商品や新メニュー開発が必要か否かの区分

⇒新商品開発が必要な事業者
既存のお客様等から「このような商品(サービス)を作ってほしい」「このような商品(サービス)があったらうれしい」といった確かなニーズが認識できる場合

⇒新商品開発が不要な事業者
既存のお客様から「このような商品(サービス)を作ってほしい」「このような商品(サービス)があったらうれしい」といった確かなニーズが存在しない場合。あるいは、既存の商品(サービス)が「もっとこうなるとうれしい」といった改善や改良のニーズがある場合


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP