ターゲットが適切か否かの検討方法

このブログでも紹介している長崎県のカステラ製造業さんより、
カステラ 久保正英.jpg
昨晩、以下のメールの内容を頂戴しました。
「設定したターゲットが、適切か否かの判断は、どのようにしますか?」

同社には年初早々に訪問予定ですので、その際に詳しく助言することとしますが、
今日は、この論点を紹介しようと思います。

このブログでは、過去に、主成分分析や、
交絡因子によるアプローチ等でターゲットの設定の仕方を説明したことがあります。

今回は、そもそも、そのターゲットの設定先が適切だったのか否かを判断するために
事前に知っておいて欲しい論点を紹介します。

=====
ターゲットの設定が終了したら、その設定した内容が適切か否かを確認する作業が必要です。
その作業は以下の視点を1つ1つ確認することです。
もし可能であれば、ターゲットを設定する作業に入る前に、
以下の視点を事前に意識して進めれば、最適なターゲット設定が叶うということを補足しておきます。

・有効な市場規模だと言えるか?
 設定したターゲットの層を将来に渡り獲得することで、「目標とする売上や利益を獲得することができる」と言い切れるのかがポイントです。今後、設定したターゲットに事業を展開するわけですが、充分な売上や利益を確保できる見込みが立たないのに、頑張っても意味がないことです。商品やサービスの売上高は、次のような式でも表すことができます。
 ターゲット設定をする際には、仮に正確な情報がわからなくても、下記の公式で算段してみることが大切です。
⇒売上高=ターゲットの市場規模×自社ブランドのシェア
⇒売上高=購入者数×購入頻度×客単価

・競合に比べて優位な展開が可能か?
 ターゲットを設定する場合、できるだけ強い競合商品やサービスが存在せず、かつ、競合商品やサービスが少ないほうが、成功の可能性が高いと言えます。競合を意識したターゲットの設定になっているかどうかを確認しておくことです。

・波及効果が充分見込めるか?
 数あるターゲットが存在する市場の中でも、周辺市場への波及効果の高いターゲットをターゲティングしていくことが理想です。当初はターゲットを絞るという意識が重要ですが、結果的に「もっと市場が拡がり、売上や利益を伸ばしたい」と思うことは自然の流れです。
 ですから、副次的効果として、意識する程度で良いので、検証の際には、「拡がりそうか」も念頭に置いておくと良いですね。

 例えば、以前紹介した石川県の羽咋市のコスモアイル羽咋で紹介されている宇宙食用に開発された「ドライフード」は、現在、防災の備蓄食として拡がっていますね。このような発想です。

・到達可能性が確保できているか?
 例えどんなに市場規模が大きく、ライバルが少なく、成長性や波及効果があったとしても、そのターゲット層に、今後仕掛ける広告宣伝等が到達できなければ(広告宣伝等が伝わらなければ)、そもそもマーケティング活動自体が成り立たないです。

・測定可能性が確保できているか?
 既述の到達可能性と対で考えると良いです。そもそも測定できない市場には、広告宣伝等は展開できないです。測定とは、ターゲットが「概ね○○○○人、存在しそうだ!」といった概算を指します。


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP