冷凍食品製造販売を即始める方法(小規模事業者向け)

感染症影響下で、支援先の居酒屋チェーンに先日、次のような質問をいただきました。
「冷凍食品を製造販売できますかね?」
他にも、単独店の支援先からも、年初にありました。

推察するに、非常に多くの小規模食品製造業者や、飲食店の方々が
この論点に悩んでいるのかな?
そのように思いましたので、今回、記事にしてみようと思いました。

===
■即に冷凍食品製造するには
 単刀直入に言いますと、冷凍食品は、以下の2つの設備があれば実現できます。

 ⇒急速冷凍庫(リキッドフリーザー)
 ⇒真空包装機

 真空包装機については過日、どのようなものを、どのような基準で選ぶべきかを記事にしていますので、
そちらを参照ください。

 急速冷凍庫については、種々のメーカーのものと、支援先で出逢ってきましたが、1番のおススメは液体急速冷凍庫です。
例えば、こちらのサイトのものです。

 おススメの理由は、食するときの「圧倒的な食味」です。下記に紹介するマイナス18℃へ冷凍するまでのスピードが圧倒的に早く、食材の細胞の損傷が少なく、風味が劣化しないからです。

==
 その他、最低限、確認しておいてほしい論点を以下に紹介します。

■冷凍食品の主たる加工工程と要件確認
 次の4点を満たすものを指します。

・冷凍前処理
 これは、食べられないものを取り除き、食べれる部分のみにすることを言います。
魚なら腸(はらわた)を取り除いておく、野菜なら、根を取っておくといったことです。
さらに、調理しやすいよう味付けをしておいたり、解凍し温めたのち、すぐに食べれるようにしておくなどを指します。

・急速冷凍
 冷凍前処理をしたものを、冷凍するとき、一般的な冷蔵庫等で冷凍すると、野菜や魚の細胞が損傷し、結合水が流出してしまいます。
そうなると、風味や品質の劣化になってしまうものです。

 そこで、急速冷凍という手法を使い、一気に温度を下げ、短時間で冷凍する「特殊な冷凍能力」を持った冷凍庫が必要になります。

・包装の適切性
 出荷後から消費者に届き、適切な管理下のもとで、風味や品質の劣化に至らない包装形態を模索します。
一般的には、真空包装機を使い、中身の酸化を抑えるようにします。

・マイナス18℃以下で保管
 生産から販売(お客様の手元に届く)まで、一貫してマイナス18℃を保てるように管理しなければなりません。
そのような管理設備を持っていない小売店に卸すことはタブーです。
 飲食店等が物販強化の一貫で取り組む場合は、店内にマイナス18℃保管できるようにします。

■許認可の確認
・品質表示
 表示は食品表示法で定められています。表示に必要な項目は下記になります。
ただし、JAS法によって定められた食品(餃子、春巻き、フライ)には個別に品質表示基準が定められています。

 ⇒冷凍食品である旨
 ⇒名称
 ⇒原材料名
 ⇒添加物
 ⇒内容量
 ⇒期限表示(賞味期限、消費期限)
 ⇒保存の方法
 ⇒冷凍前の加熱の有無
 ⇒食する際の加熱の必要の有無
 ⇒製造者名または加工者名
 ⇒製造所または加工場の住所
 ⇒栄養成分表示

■営業許可
・営業許可取得に必要な条件

 ⇒人的要件
 ⇒設備要件(共通基準・特定基準)

 ここについては、過日に冷凍パンの製造の仕方を紹介した記事を参照ください。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP