競争優位には2パターンあることが差別化の前提

良く支援先で、うちの強みは「これ!」といった話を耳にします。

しかしながら、
その内容を日々の販促に落とし込めていない飲食店や食品製造業、菓子製造業の方が
小規模な事業規模ほど多いです。

ですから、今回と後日、この強みが「本当の強み」になるには、どうすれば良いのか?
その論点について書いてみます。

先日、某大根農家が、うちの大根は1番おいしい!とおっしゃっていました。
kubo.jpg

それを聞いていて、何を根拠に言っているのだろう?
そのように感じました。

つめてきくと、栽培の工夫を説明されます。
ですが、どうでしょう・・

無論、栽培の工夫は大事ですが、
食味との因果関係は、実は「有るようで無い」のが実情です。

そういった意味で、
同社の言う強み「栽培の工夫・・・・」は強みとは言い切れないところがあります。

そんなことは、消費者が1番わかっていて、
納得しないから、買ってもくれないし、買っても継続しないのです。

さて、話を戻し、
本当の強みは何なのか?
ここを知ることが大事です。

それを知る方法はあります。そこを説明していきます。

まず、出発点は、競争優位と言う考え方です。

競争優位は、直接的競合、間接的競合(代替的競合)に比べ、強みが「どの程度か?」を表す尺度です。

その尺度には2つあり、以下のようになります。

■絶対的優位
 これは、その事業者特有のもの。
 事業者だけが有している知識、ノウハウ、ナレッジ等々を指します。
 ですから、同じ焼菓子を製造しても、その事業者しか、その風味や栄養価、食感等を実現できないことになります。
 
 他の事業者が、お金の力などで、覆そうとしても絶対に、覆りません。
 それほど、強固な優位性を持っている場合
です。

■想定的優位
 これは、競合と比較して、相対的に、こちらの方が優位だから「強み」とする考え方です。
 つまり、競合が努力してしまえば、簡単に追いつかれてしまうほどのものです。
 よって、この優位性は、時間的な制約があるものです。

 ですから、気づいたら優位性が焼失していた・・
 そんなことが多く、実は多くの小規模事業者は、こちらの優位性をもって「強み」だと判断していることが多い
です。

==以上==

 ここから言えることは、本当に売れる御店創り、売れる商品を産みだしていきたいなら、
 絶対的優位を構築するしか無いのです。

 戦術的に、一定期間の儲けを優先するなら、相対的優位もOKですが、時間的制約、鮮度、ここを意識して、
 意図的に、見切りを付けれる状況で利用していかなければならないことになります。

 では、時間をおいて、先の大根農家を事例に、絶対的優位の構築のアプローチを後日説明したいと思います。


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP