珈琲豆販売始める際の留意点と始め方(カフェ・喫茶店)

カフェなどの飲食業、食品製造業等の売上獲得支援コンサルタントの久保です。
本日も、数あるブログの中から、ご訪問いただき、心から嬉しいです!
ありがとうございます。

==記事==
今回も、当所に質問が多い内容についてです。

⑴ 珈琲豆販売には何かしら許可取得等必要ですか?
⑵ 珈琲豆販売時の裏面表示は必要ですか?
⑶ 珈琲豆販売するために必要な設備などんなものですか?

今日は、この3点を紹介しますね。
久保正英カフェ.jpg

⑴ 珈琲豆販売には何かしら許可取得等必要ですか?
自家焙煎した珈琲豆の販売を始めるには、保健所等の許可が必要か否かを気にされる方が居ますが、
概ねの保健所では、許可は不要です。

⑵ 珈琲豆販売時の裏面表示は必要ですか?
自家焙煎した珈琲豆を袋詰めして販売する場合、裏面表示は必須です。
表示においては、以下の論点を忘れないようにしましょう。
⇒品名(商品名):レギュラーコーヒー
⇒原材料名:珈琲豆(産地)
・・・・焙煎度合いも併記が望ましい
⇒内容量:***g
⇒賞味期限:****年**月**日
・・・・消費期限で無いことに留意してください
⇒保存方法:高温多湿を避けて、冷暗所で保管してください。開封後はお早めにお召し上がりください。
⇒製造者:個人なら本名、法人なら法人名
⇒使用上の注意:美味しい入れ方なども表記しても良いです。
⇒栄養成分表示:
加工食品は栄養成分表示「エネルギー***kcal」「タンパク質***g」が義務付けられています。
しかしながら珈琲豆は『栄養の供給源として寄与の程度が小さいもの』との認識で、表示省略が認められています。
もし、記載したいのであれば、八訂 食品成分表等を引用し、100gあたりで表示すると良いでしょう。

⑶ 珈琲豆販売するために必要な設備などんなものですか?
いわゆる焙煎機が必要になります。諸々オススメがあるのですが、
付加価値を付けて販売したい場合、例えば遠赤外線で焙煎するのも良いでしょう。例えば以下の画像のようなものです。
焙煎機.jpg

遠赤外線のものは、装置として、かなり大がかりになってしまいますので、最低でも200万円くらいの予算は必要です。
ですから、大ロット販売を目指す方向きと言えます。

一方、数十万でも以下のようなものが購入できます。
焙煎機2.jpg

こちらはガス直火ですが、ある程度の習熟が必要ですが、小ロットで気軽に参入できることが魅力でしょう。

『珈琲豆 焙煎機』と検索していただければ、webでも種々アクセス可能です。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP