飲食業 全額返金保証制は集客策でなく販促策で成功可能

飲食店物販やテイクアウトは全額返金保証制度で販売点数伸ばせる・・

以前紹介した支援先カステラ製造業で、実際あった話なのですが、
全額返金保証制度に対して、直営のカフェや、土産物物販には使えないでしょ?

どうやら、この事業者に限らず、支援先の飲食店や食品製造業においても、同じような風潮。

はたして、そうなのでしょうか?

以前、別の視点で紹介しましたが、
この制度を導入している事業者が、
どのような「商品」、どのような「サービス」に使用しているか?

これを局面的にしか見れていないことが問題点でしょう。

今一度、ポイントを整理しますと、
この制度は「どういった場面で利用するか」

これに尽きます。

要するに、以下のような場面や時を「すべて充足する時」です。

⇒消費が目の前で行われないとき
(飲食店の場合、物販やテイクアウト。食品や菓子製造業は全ての事業者)
⇒購入と消費が一体で無いとき
(飲食店の場合、物販やテイクアウト。食品や菓子製造業は全ての事業者)
⇒自信のある商品やサービスであるが、なかなか購入してくれないとき
⇒社会や地域に一般的な商品では無いため、使い方等がわからないもの(コト)
(つまり、斬新であるということ。飲食や食品では、珍しい料理など)

留意したいのは、常時実施しないことです。

これも以前紹介しましたが、集客策と販促策は相違するもので、
この返金保証制度は、販促策にあたります。

要するに、
この機会に購入しないと・・
せっかくだから・・

そのように思わせる施策です。

ですから、常々実施していると、それを誘発する効力が失せてしまうのですね。

さて、最後に本題ですが、

飲食店の皆さんで物販やテイクアウトを強化したい方
食べてほしいテイクアウトメニューがなかなか手に取ってもらえない等々

1度 お試しください。
反応が良いことを実感することでしょう。

食品メーカーの方
1度手に取ってほしい流通加工食品がある場合、期間限定で包材に「返金保証」を印字してみてください。
反応が良いことを実感することでしょう。

でも、購入した多くの方が、返金を求めてきたら、どうしよう?
そんな不安がある方も多いはず。

大丈夫です。
多くの2次データでは、せいぜい1.4%前後が返金保証率だと言われています。
100人に販売しても1人程度
です。

食べ物は嗜好品ですから、1度食べてもらわなければわからないものです。
1度食べてもらえれば!そのように思うから実施すべき施策なのです。

仮に、この不安が大きくて実施に踏み切れない事業者の皆さん

それは、あなたの販売する商品、サービスが、まだまだ完成度が低いのです。
そのことを実は「心の底」で自戒しているから、出来ないのです。

もっと、商品をブラッシュアップしていきましょう。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP