農業

すどう農園

依頼内容

新事業として無農薬自然栽培の「ハーブ」の生産販売を取り組みたいとのことであった。事業化に至るまでの需要開拓の全般助言と、必要資金の調達に知恵を貸してほしいとのことであった。

支援内容

同農園が準備した「種々のハーブ類」の栽培計画や、ハーブを活用した精油の製造計画を前提に、実現性の高い「販売計画」や「商品計画」を、議論しながら策定していった。議論とは、同農園の持つ「経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)の範囲」で、実現可能な取り組みを整理する過程を指している。
計画策定後は、その実現を、伴走し支援していくわけであるが、内部資金のみでは充足できないことがわかったため、種々の補助金申請にチャレンジすることとなった。その申請書記載時にも、先の販売計画や商品計画を利用することとなる。
また、集客策と販促策は、相違する旨を理解していただくことに成功し、種々のハーブ類の完売のみに留まらず、他の加工食品の完売傾向や、種々のイベントの集客に満員御礼を実現するなど、大きな成長へと繋がっていく。

集客策とは:見込客を獲得するためのマーケティング活動
販促策とは:見込客の中から新規客を獲得するためのマーケティング活動

支援実績

同農園の実施する種々のイベントや、種々の加工品の販売は、「想定通り」の売上獲得が実現できるようになっている。これは集客策で見込客を獲得し、見込客から新規客を獲得する販促策の「明確な分離」が出来るようになったことが多い。
また、精度の高い「種々の計画立案」が出来る能力が身に付き、商売が計画通り進捗できるようになった。

契約形態

個別課題対応型

同社所在地

神奈川県 相模原市

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP