飲食店立地は住宅地区が1番有利の可能性

平成 29 年度生活衛生関係営業経営実態調査(厚生労働省)
これに今回は注目してみます。

この中で例えば、
うどん店、蕎麦店の実態と経営上の問題点・課題が整理されている部分を見ていきます。

何か特定のメニューや業態を選んで、
この記事のタイトルを展開した方がわかりやすいですしね・・

私が個人的に着眼しているのは(図 8)
久保正英 飲食店平均客数.jpg
立地条件別の施設当たり 1 日平均客数。

総数1 日平均来店客数は 53.6 人。
1 日平均客数が最も多い立地は、「その他」の地域を除くと、
「工場・オフィス街」で 73.5 人、次いで「郊外」で 64.5 人となっています。

それから(図 10)
久保正英 飲食店平均客単価.jpg
立地条件別 施設当たり客 1 人平均食事単価。

総数でみると 956.7 円、
立地条件別にみると、「郊外」が最も高い 1,021.9 円、
次いで「商業地区」が958.4 円となっています。
一方、最も低いのは「工場・オフィス街」で 839.0 円となっています。

コロナウイルス感染症拡大前の2次データであることに留意してくださいね。

それでも どうでしょう?
コロナ禍において、1番苦戦した立地は、工場・オフィス街、次いで商業地区でしょう。

また、コロナ禍においてテイクアウトの売上の恩恵を1番受けた立地は 住宅地区になるでしょうね。
(種々の2次データより)
やはり、お住まいから近い御店から テイクアウトするのが主でしたからね。

工場・オフィス街のテイクアウトは、ランチでしょうが、
住宅地区は、ランチ、ディナーと2度チャンスありましたしね・・
商業地区は、外出自粛の影響が甚大で、完敗な様相。

さて、ここで考えたいのは「売上=客数×客単価」の視点です。
全ては説明しませんが・・

例えば
商業地区=61.2人×958.4円=58,654円
住宅地区=42.8人×942.3円=40,330円
工場・オフィス街=73.5人×839.0円=61,666円

この数字を解釈すると・・
工場・オフィス街については、昼を中心とした低価格攻勢
・・つまり安かろう相応が求められてそう

商業地区や住宅地区の場合は、客単価大差ないとすれば・・
商業地区は店頭の「通行客多少」が売上に影響
住宅地区は設定した商圏(立地商圏)の「住民数」が大きく影響
(いろんな考えありますが結局、住宅地は、商業地区客や工場・オフィス客来ないですからね・・笑)

このように解釈すると・・
1番リスクが少なそうな立地は 住宅地区?・・と考察することもできそうです・・

何よりも変動費であり固定費の賃料が、種々の2次データで比較してみると・・
住宅地区は群を抜いて安い・・!
(賃料が1番安いエリアは住宅地区ですし・・)

住宅地区は売上が数万円他の地区より低い
しかしながら、賃料が安い。

つまり・・
損益分岐点も低いので、儲けやすい!

住居地が近いので、パートやアルバイトも、場合によっては調達しやすい・・

コロナ禍で、1番打撃を受けたのは商業地区、工場・オフィス街、
テイクアウトで一矢報いることが出来ていたのは 住宅地区(種々の2次データより)

このあたりも 後押ししそうです。

PS, 支援先の皆さん
コロナ 憎し・・
ポジティブにがんばって いきましょー!


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP