洋菓子店の運営管理の勘所は「朝出勤時間管理」

洋菓子店の人件費低減と品質向上の運営管理の話を書きます。
3回目の手法紹介になります。

今回のテーマは粗熱です。
事業を営まれている方は御存知の通り、粗熱を取る時間が非効率だな・・
そのように思われている方も多いかと思います。

例えば、プリンやケーキの生地を製造しても、粗熱を取る時間を確保しなければならず、
その時間を読み込んで、その分、朝、早めに出勤することになります。

つまり、粗熱を即座に短時間で取り去ることができれば、最終デコレの上、
冷蔵ショーケースに即座に移すことが可能になります。

そこで、紹介したいのが、
プラストチラーの導入です。

これは、粗熱を取り、急速に冷却するための設備です。
これまで小一時間掛かっていた、場合によってはそれ以上の時間を短縮することが可能です。

従って、支援先で導入した成果としては
以下の論点が整理できます。

⇨オープンまでに品揃えを確保するための、スタッフの出勤時間を遅い時間にずらせる
(人件費の削減)
⇨所与の管理温度帯に即座に冷却可能なため、美味しさ・香り・色の劣化等を防ぐことが可能。
⇨自然管理で粗熱を取る時間と比較すれば、初発菌数を抑制することが可能。
⇨仮に品切れリスクがある場合、即座に仕込み製造しても、粗熱を取る時間を短縮でき、相応な機会損失を未然に防ぐことが可能。

まだ、導入されたことが無い事業者の方には、
オススメの設備ですよ。

設備導入費用是非については、朝の出勤を今より遅らせることで生まれる人件費の低減効果との比較が必要ですね。

久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP