コロナ禍 存続戦略「負けない」経営の思考法と重要性

コロナ禍に緊急事態宣言が追い打ちを掛け、非常に苦しい飲食店。
さらには、この飲食店に食材等を卸す卸売業者。

支援先においては、過去に紹介してきた通り、助言が功を奏し、
勝ちまくっているところもある反面、苦戦しているところも多々。

当所としては、顧問先の事業者や派遣事業で出逢う事業者に常々次のようのことを考えて行動を決めてもらっています。
それは、「負けないようにすれば良い」ということ。

この負けないの意味は、競合に比べて集客できているとか、売上が多いとか、
従来の 比較では無いことに留意
してくださいね。

ここで言う「負けない」というのは、赤字続きで経営体力を失わない・・ということです。
つまり、損益をイーブンにできるような経営を行ってくださいということです。

ケースバイケースで一緒に考えてみましょう。

❶損益分岐点売上より協力金等の方が上回る場合
 例えば、前回紹介した居酒屋のような(下表・小規模店⇒以前の記事はこちらクリック)場合は、協力金を「ありがたく頂戴」し、思い切った休業や時短を選択すべきです。

 その代わり、空いた時間で、これも以前紹介した以下の論点を見直して、それに見合った品揃え(メニュー等)の開発や絞り込みを行っておきましょう。アフターのスタートダッシュのためです。

経営改善の論点①:そもそも、自店や自社の存在意義は何なのか?
経営改善の論点②:誰のために、自店や自社は存在しているのか?
経営改善の論点③:その方々には、どのような課題や問題、悩みがあるのか?
経営改善の論点④:自店や自社は、商品やサービスを通じて、その課題や悩みを解決あるいは改善、あるいは対応、に貢献できているのか?
経営改善の論点⑤:その商品やサービスを通じて、自店や自社の存在意義は伝わっているのか?

❶損益分岐点売上より協力金等の方が下回る場合
 この場合は、いくら下回るのかを、1日、1週間、1ケ月単位で明確にしましょう。その上で、その不足する売上だけはカバーできるよう、販促策や、売り出す商品やサービスを明確にしていきます。あとは、決まった取り組みを信じて邁進するのです。
 ただし、この販促策等を考える際には、以下の論点を「ちゃんと」検討しておきましょう。まったく顧客に響かない取組になってしまいます。

販促の論点①:ターゲットとする顧客層や商圏は、どのような課題や問題、悩みを抱えているのか?を知る、あるいは推測する。

 例:単身の男性世帯が近所に沢山ある。栄養の偏りがあるのではないか。昼間は仕事でいないのでランチ強化は厳しい・・。

販促の論点②:販促の糧にしようとしている商品やサービスは、その課題や悩みを改善、対応できるものなのか?そうで無いならば、何を用意すれば良いのか?

 例:仕事に持っていく健康配慮な「お弁当」を朝、お店でテイクアウトして出社を提案、健康に配慮した朝食サービスを行う。。等々


販促の論点③:その課題や悩みに共感して、その改善や対応に貢献できる旨を、販促媒体(チラシ、SNS広告、店頭掲示等)で伝えているか?

以上が、私の考える「負けない」取組の全容です。
お酒やカラオケなど扱う業態は苦戦が続きます。

お互いに頑張っていきましょう!

久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP