洋食プラス和食で繁盛店(売れる飲食店のメニュー開発の手順:免罪符)

売れる飲食店のメニュー開発の手順についていくつか順次紹介しようと思うのですが、

今回は免罪符という手法で
『洋食プラス和食』の手順を紹介しましょう。

免罪符とは、食における健康な食生活を送りたいとする普遍的顧客心理を踏まえ、
その罪悪感を解消してあげようとする商品化手法です。

たとえば、吉野家
牛丼ですが、テーブルの傍には刻み紅ショウガ♪
これをたらふく、上乗せして食する成人男性の光景がまさにそれです♪

肉ばかりだから、なんだか・・せめて生姜だけでも・・
そんな気持ちを(動機)を商品化やメニュー化に活かす方法です。

手順は次の通りです。

1 その属するカテゴリー(イタリアン、洋食、フレンチ等)における健康影響課題を整理してみる

 例)高カロリー、高塩分、脂っこい、こってり、栄養成分の偏り等

2 その健康影響課題を改善する可能性のある和食食材を決定する

 例)豆腐、しょうゆ、御酢、みりん、味噌、納豆等

3 既存のメニューの売れ筋に、その和食食材をコラボさせ、食味としての商品化を探る

事例としては、八王子の『ことり亭』を紹介します。

1 洋食屋(高カロリー、脂っこい、こってり、栄養成分の偏り等)
2 和食食材(味噌)
3 同店ではカレーやデミグラスソースに味噌を多用しメニュー化

↓ 味噌のオムハヤシ
DSC_2939.JPG

↓ 味噌のケーキ
DSC_2940.JPG

このような取り組みの結果、味噌洋食という新カテゴリーを構築し繁盛している。

ポイント)
免罪符を何にするのか、この事例の場合、味噌。
和食食材は日本人の健康増進に役立つものがたくさん。
これをいかに従前のメニューに反映するかがポイントです。

キーワード:飲食店,メニュー開発,商品開発,販売促進,繁盛店,集客,食品


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP