アンケート実施の際に必要なサンプル数(小さな飲食・食品加工事業者向け)

商品開発やメニュー開発を行う際に、
飲食店や食品製造事業者から、多々質問される話があります。

それは、ヒントを得るためにアンケートを実施しようと思うのですが・・
いったい、どのくらいのサンプリング数が必要ですか?

そのような質問です。
つまり、アンケートをどのくらい集めたら良いのか?という趣旨です。

例えばここに、このような結果があります。
久保正英 中小企業診断士 KUBO経営コンサルティングオフィス.jpg

これは、ある飲食店が、メニュー開発を実施するにあたり
ヒントを得るために、商圏で調査を実施したのです。

そうですね。
サンプル数は合計30人といったところでしょうか。
さて、このアンケート、果たして有効なのでしょうか。

アンケートでは「抽出した一部」の結果が、母集団を代表するような意見である必要がありますよね。

では、その代表とした意見となるためには、どのくらいの人数が必要なのでしょうか。
その回答は、母集団の人数によって異なります・・。それが答えです。

あくまで事例ですが、上下5%の誤差範囲で調査する際には、母集団の人数ごとに以下のようにアンケートすべき人数が変動します。
久保正英 中小企業診断士 KUBO経営コンサルティングオフィス.2.jpg

見ていただければわかるとおり、母集団が大きくなるほど、必要なサンプル数(アンケート人数)が増えていることが分かりますね。

しかしながら、見ていただければわかる通り、10,000人を超えると必要なサンプル数(アンケート人数)は、大きくは増えていないことがわかります。

つまり、母集団が1,000人以上の場合は、380人前後のアンケートを実施すればよいことになります。

さて、先ほどの事例のお店の商圏内人口・・
20172人であることが事前にわかっています。

そうであるならば、5%の誤差範囲で調査をしたい場合、380人前後のアンケート人数が必要になるのですね。

つまり、30人では充足できないことになります。

こちらの飲食店の場合、商圏という母集団の意見を代表とした・・ことに、残念ながらならないのです。

さて、ここからが本題です。

とは言え、個人や小規模事業者に、この380人前後という人数の調査は、自力では無論、不可能に近いですし、
わざわざ外注する予算を確保できるとは思えません(補助金等の活用は別ですが・・)。

そうであるならば、
「あくまで、メニュー開発や商品開発のアイデアを獲得する目的であった旨を理解する」

この思考さえ押さえて、その調査結果を活用するならば、とても有意義なことです。

やみくもに「こうだろう!」といったメニュー開発や商品開発よりは、よっぽど優秀だと思います。

今回のキーワード:アンケート調査,サンプル数,販売促進,商品開発,集客,食品,広告宣伝,久保正英,中小企業診断士,食の集客と商品開発


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP