小さな食品会社の機能性表示手法(健康効果の商品への表示)

御存知のとおり2015年にスタートした機能性表示食品制度は、
健康効果を訴求することが「事業者の責任」で可能になり、表示できる制度です。

皆さんがよく買い物に行く食品スーパーやドラッグストアーの売場をご覧いただくと
大手を中心に、その制度を利用した飲料、加工食品、御菓子などが溢れています。

そんな中にあって、地方ではそこそこ頑張っているパン、納豆、牛乳、米菓、チョコレート菓子等々の種々の食品メーカーが
従来パッケージ表示で孤軍奮闘する姿が 逆に目立つようになりました。

極端、ヨーグルト1つをとっても・・
久保正英.jpg
大手であれ個人であれ小規模であれ、
乳酸菌効果(例えば お腹の調子を整えます・・)は訴求できるので
残念だなー・・と思うことも。

実際、支援先の商品開発においても話題にあがることが多いので、
今回は、このあたりを記事にしてみようと思うのです。

そもそもこの制度ですが、事業者が表示したい「健康効果」や「働き」を証明する届け出書類を、
消費者庁に提出すれば良いだけです。

その際、課題になるのが証明する書類、つまり、臨床試験、成分文献調査、既存の学術論文の調査結果の収集です。
逆に言うと、これらの届け出等が叶えば、健康効果等々を食品に表示し、PRすることができるのです。

さて、個人や小規模事業者の方は、
この証明する書類を収集することが厄介なのですが、
次のような方法で 取得できることが支援先で多いです。

試してみてはいかがでしょうか?

■経営者自身が大学卒業者
 ご自身の母校に、生物、発酵、バイオ等々の学部があれば、直接相談してみる

■社員が居る場合
 社員の母校に、生物、発酵、バイオ等々の学部があれば、直接相談してみる

■個人の場合
 ご自身の母校や友人知人の母校に、生物、発酵、バイオ等々の学部があれば、直接相談してみる

実際、大抵は、このアクセスで時間は掛かる場合があっても、学生の卒業論文等に位置付けてもらうなど
実現することが多いです。ダメ元でトライしてみてはいかがでしょうか・・。

一方、そのあてが現在無い、あるいはそれまでの間も何かしらのPRがしたい!ということであれば、
次のような取り組みをお薦めします。

■部分最適を見つけ事実表示で対応する
事例で説明した方が早いので
支援先の事例で紹介します。

玄米で揚げたお菓子があります。
久保正英2.jpg

素材が玄米ですので、もちろん、カロリー、それから鉄分も豊富なわけです。
原材料は玄米、油、塩と至ってシンプルでした。

たとえば日本の推奨する栄養摂取量と、同社商品の位置づけを調べると次のことが言えます。

⇒お茶碗1杯のご飯のカロリーの1/2
⇒鉄分1日摂取目安の1/6

ご理解いただけますか?
つまり・・
「たとえば1日の食生活の推奨栄養摂取量の中で、自社の商品が、どの程度の役割を担うのかを表記する方法」です。

消費者の目線で全体を俯瞰し、その上で自社の商品の最適な位置づけを探ることで、事実を上手に「健康視点」でPRできるのです。

PS,コロナ憎し・・
  支援先の皆さん
  がんばっていきましょうー!


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP