飲食メニュー・加工食品開発のシズル開発とはどういうことか(その3)

久しぶりに、このタイトルで紹介します。
今回登場いただくのは、支援先の「シラス(しらす)の軍艦巻」です。

湘南エリアに立地する同店なので、
湘南シラス(しらす)が特産品の1つです。

従って、看板メニューが「シラス(しらす)の軍艦巻」なのです。

支援当所は種々のサイトで口コミ評価が悪く
最初の出会いは商工会議所の専門家派遣でした。

その後、継続してお手伝いさせていただいていますが、
このお店の看板メニューを使い、タイトルの内容を説明します。

まず、評判の悪いころの「絵」
shirasu1.jpg

現在、すこぶる評判が良い状態の「絵」
shirasu2.jpg

この2つの商品の実物を「わざわざ」用意して
来店された観光客に、どちらが食べたいか?を尋ねたところ。

30人中30人が、後者を選択したのです。

理由を尋ねると・・
・ボリュームがある
・鮮度が良さそう

概ね、この2点を指摘されます。

ここで、小規模な飲食店等が気づきたい論点は以下になります。

・メニュー開発や商品開発においては、主要原料を視覚的に際立たせる工夫が必須
・鮮度ものの場合、その鮮度が際立つ盛付や見せ方が必須
・主要原料の高さの表現(ボリューミー)は、御客様の事前期待を上回る王道のアプローチであること

支援に入った頃、私の率直な感想は、
・せっかくのシラスが目立ってない
・鮮度が良いのか否かも判断難しい

このようでした。

結局、後者の写真のように修正を加えることで
非常に評判の商品に仕上がりました。

余談ですが同店、
皿一杯にシラスが溢れている商品も「山盛りシラス(しらす)軍艦巻」として用意しています。

この評判も、上記理由と同じく好評です♪


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP