食品パッケージデザイン「色の3属性」

支援先の菓子製造卸&小売店展開事業者では、
先日、包材の表面のパッケージデザインを刷新すべく、デザイナーの方と。

私も含め、デザインの素人が一番悩むのが色。

色には「色の三属性」というものがありますね。
色相、明度、彩度です。

中でも、1番悩むところが「色相」です。
色相は、赤・黄・緑・青・紫の5色が基本と言われており、それに黄赤・黄緑・青緑・青紫・赤紫などを加えた「色相環」を
デザイナーの方が、現場で示して提案してくれます。
混色になると色相は、200種類前後もあるようで、文字通り私たちのような素人には手に負えません。

食品メーカーに勤めている間からストックし、
消費者のイメージは、このようなものだ!という表をまとめてあります。

支援先でも、概ね、このくらいの知識や感覚は必要だと思われるもの。
それが下表です。

必要でしたら、参考にされてください。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP