主成分分析による販路開拓の進め方(1)小規模事業者向け

まずは、細かい進め方や算定の仕方は後日に順に・・として。
どうやって調査し、分析するのか、そして、その活用方法について、全体像を以下に紹介します。

例えば、ある八百屋で次の様な調査を行ったとします。
・調査について
年間で、最も来店している60歳台以上の方の嗜好と傾向を「より身近に」するため、60歳台以上の方10名と、比較対象としての20歳台以下10名を、無差別に選択(男女関係なく)し、ヒアリングにより、アンケートを経営指導員が回答をお手伝いしたとします。
その際、のちの分析(主成分分析)を意図し、選択肢をを以下の5つに絞り、0~10点満点のうち、各種野菜に「好みを反映した得点」を付けてもらいました。点数が大きいほど「好みである」を表しています。

選択肢:サツマイモ、トウモロコシ、かぼちゃ、春菊、トマト

・集計について
(回答結果の集計)
1.jpg

・分析について
(第1主成分分析)
2.png

(第2主成分分析)
3.jpg
 
・分析結果の考察について
⇒第1主成分pは、調査対象者の嗜好や傾向を64%構成していることがわかった。
⇒第2主成分qは、調査対象者の嗜好や傾向を23%構成していることがわかった。
⇒第1主成分と第2主成分で、調査対象者の嗜好や傾向を87%構成していることがわかった。
⇒第1主成分pの数値を高めることが調査対象者の満足度向上に貢献するため、かぼちゃ、トウモロコシ、サツマイモ、春菊、トマトの順に優先順位を付けて取り組むことが重要になります。
⇒第2主成分qの数値を高めることが調査対象者の満足度向上に貢献するため、サツマイモ、トウモロコシに力点を置いた活動が重要になります。
⇒調査実施時に、来店顧客に尋ねた野菜の「風味を踏まえた表現の要素」は以下の通りです。
4.jpg
⇒主成分得点を散布図に図示すると以下のようになり、来店顧客の嗜好や傾向が見えてきます。
5.jpg
⇒上記、散布図を踏まえると、60歳台以上の方は、甘味が濃い、苦みが濃い、香りが濃いといった嗜好や傾向を持っており、野菜の風味に「ハッキリ」した回答を求めていることがわかります。
⇒上記、散布図を踏まえると、20歳台以下の方は、甘味が濃い、苦みが薄い、香りが薄いといった嗜好や傾向を持っており、野菜の風味に「甘味」を求めていることがわかります。

==以上==
いかがでしたか?事例として、かなり強引な展開でしたが、あしからず♪

今回のキーワード:統計分析,飲食店,マーケティング,販売促進,商品開発,メニュー開発,集客,食品,広告宣伝,中小企業診断士,販路開拓,販促


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP