外出自粛規制や要請で見込客を層別整理

皆さんの御店
まずもって、お疲れ様です。

新型コロナウィルスの経営への影響は、長引くどころか、先が見えない・・
私の支援先飲食店においては、首都圏や県庁所在地寄りほど苦戦し、
田舎になればなるほど、影響は軽微な状況です。

ある都心の駅前の支援先などは、このような感じ((-_-;))
久保正英.jpg

仕事柄、なんとか打開策を!・・ってことが求められるわけでして
そんな中で整理した視点を、今後もいくつか紹介してみます。

今回は、消費者の行動から「見込の顧客層」を整理したことを紹介してみます。
個人や小規模な飲食店や食料品卸売・小売業、食品製造業の方々の参考になれば。

私がポイントにしているのは「外出自粛要請」です。
この要請が出たにも関わらず、外出する人、まじめに守る人・・ひとは様々です。
これを次のように整理してみました。
何度も言いますが・・あくまで外出自粛要請が出ても、なお・・の視点でご覧ください。

・不安素直な層
 これはトイレットペーパーの買い占めや、マスクを購入するために店頭に並んでいる方々で感じます。要するに不安に感じたことを、素直に行動に表現する方々です。この層の方々は、ある意味「情報やトレンド」にも「ある程度敏感」でもあります。

・服従意識層
 これは、テレワーク等を推奨していない会社勤務の社員の方々にあります。要するに「会社が出勤しろ!」「出勤してほしい!」と言うので、会社に向かう人たちです。中には、後に紹介する「楽観」な方もいらっしゃると思いますが、多くの方の本音は「感染したくないけど、仕方なく・・仕事なので・・」といったところではないでしょうか。

・楽観意識層
 これは、性格がポジティブな方に多そうです。自分は対策をしているから問題無い、感染者数を数字的に見て、ごく一部でしょ?と解釈したり、様々ではあります。しかしながら、日常からもそうなのですが、「酒を飲んで忘れる!」的な発想も多く存在することにも気を向けたいところです。つまり、家にこもって種々の情報を見ていて不安になり、「不安逃避の手段」として外出している。そのような方々も多そうです。

・生活必需品層
 これは、不要不急に類することしか外出しない方です。つまり「まじめ」「誠実」な方々が多そうです。また、贅沢しない、自分や家族の健康大事、社会秩序守る、といった視点も大切にしています。

・息抜き意識層
 これは、楽観意識層で説明した「不安逃避の手段」としての外出とは異なりそうです。つまり、単純に巣ごもりで疲れ、あるいは飽きてしまい、息抜きや気分を変えることが目的で外出する層です。

・家族的愛情層
 これは、御子様をお持ちの御家庭である外出です。学校も休校、子供達は退屈。運動不足にもなりがち。屋内は不安だからキャンプや、風光明媚なところに出かけハイキング等です。これは親や保護者の愛情で、自分の本心とは別に、利他的に行動する層です。

今のところ、私は上記のように整理しています。ほかにも種々のパターンはあります。

そもそもメディアに触れず、外出自粛を知らなかった・・って方も、いやほんと!(-_-;)居ます・・。
その上で、支援先と今後の集客や、現在の最低限必要な売上確保策を支援するのですが、少し見えたことがあるのです!

近日、そのあたりを記事にします。
ポイントは、これら層別の販促策の立案と実行でした!

今回のキーワード:飲食店,コロナウィルス対策,web会議,web飲み会,飲食店経営,記号消費,口コミ,リピート率,新規客,固定客,集客,物販,飲食店,食品物販,マーケティング,販売促進,商品開発,メニュー開発,食品,広告宣伝,チラシ作成,販路開拓,販促


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP