普遍的顧客心理利用した販促集客最大化の考え方

久しぶりに自著の視点で
記事を書いてみます。

・・と 言いますのも
私自身の農法人においても、支援先の農業者においても
支援先の飲食店、菓子や食料品製造業においても、
「集客のためのイベント案の企画」ラッシュだからです。
コロナ前の状況に戻すために 全力を注ぐ時期ですので。。

今回の参考は、自著のP36-P44 の概念を使います。
image0 (3).jpeg

自著は「飲・食企業の的を外さない商品開発」です。

イベントの集客人数を最大化するために、イベント(販促企画でも良い)案を立案する際に、
必ず背景に持っておいてほしい概念があります。
それは 普遍的顧客心理の理解です。

わかりやすく 説明すると、

例えば、ゴミが散乱した河川を目の当たりにしたとします・・
そうすると どうでしょう?
多くの方が、「この河川 綺麗にしたいなー」「綺麗だったら良いのになー」
このように思うはずです。

そう、このほとんどの方が そうだよね!(賛成!)
このように思う心理が普遍的顧客心理というもの
です。

では、極端な話を。
あなたは原発賛成派ですか? 反対派ですか? それとも関心が無いのでしょうか?

あるNPO法人複数のセミナーの場で、
次のような話をしたことがあります。

原発反対派の方が、何かしらイベントを企画し集客したいなら、次の3つの視点のうち
どの背景を選んで企画しますか?・・

①原発反対と訴求するイベントの内容にする

②原発賛成と訴求するイベントの内容にする

③この機会だから、原発のことを考えよう!というイベントの内容にする

原発反対側の視点としては、①のイベントをしたいところでしょう?
そうすると どうでしょう?
原発反対の方を中心に 集客することになります。
ただし、原発賛成の方は おそらく来場しないでしょうから、本来の主旨である「原発反対の背景を知ってもらい、賛同者を増やす」といった結果につながりません。

一方、②でしたら逆に、原発賛成の方しか来場しないでしょう・・。

さて、先に紹介した普遍的顧客心理を使えば、
①と②の両方を囲い込むことが可能です。

そうですね ③がイベント(販促企画)として 集客人数を最大化するための「ポイント」なのです。
③であれば、
「そうだよな‥原発のことを1度真剣に考えて見るか‥」といった無関心者層を取り込める可能性が高まります。
また、原発のことを真剣に考えている賛成派も、反対派も 参加するでしょう。

このように、普遍的顧客心理を活用したイベントや販促企画の良いところは、
集客人数を本気で最大化したい方に、その手法や概念を提供してくれる「力強いツール」
なのです!

飲食店、農業者、種々のサービス業、食料品や菓子製造業
みなさんは 多くの方々に自らの商品やサービスを体験してほしいはずです。

そうであるならば
自らの「良さ」や「メリット」訴求だけでは 望む集客人数の実現は難しいでしょう・・。

1度、踏みとどまり、
その商品やサービスは、どのような「暮らしの問題点」を「改善する」ことができるのか?

その問題点を 集客したい方々を想定し 一緒に学べる、考える・・
そのようなイベントや販促案を立案してみてはいかがでしょうか?


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP