飲食店物販参入で使える設備の紹介

このタイトルにある課題
非常に多くの飲食店の方が1度は考えたことがあると思います。

無論、当事務所の顧問先においても、
取組む個社や個店も多いですし、
種々の専門家派遣の場でも
年に数回は支援させていただくテーマだったりします。

さて、それぞれの飲食店が、種々の設備や備品を導入し、
物販を開始した結果、
その後の経緯も、当事務所では 追いかけているわけですが、

わかったことがいくつかありますので紹介させていただきますね。

①使える設備
 結局のところ、以下の2つを導入すれば、物販でやりたい「ほぼ 全て」のことが実現できます!

⇒真空包装機
1.jpg

⇒急速冷凍庫
2.jpg

 結局、流通における保存性を考えると、この2つ以外の代物は到底、使い物になりませんね。
 その代物をあえて書くことは、保身のため、避けます(笑)

②価格帯

⇒真空包装機
 結局のところ、型落ちであれ、新型であれ、10万円を超えてこないと 量産には向かないです。
 とはいえ、飲食店のサイドビジネスの域ですから、せいぜい週産100食から300食程度での話です。

⇒急速冷凍庫
 結局のところ、型落ちであれ、新型であれ、50万円を超えてこないと 量産には向かないです。
 とはいえ、飲食店のサイドビジネスの域ですから、せいぜい週産100食から300食程度での話です。


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP