飲食店のうち12.1%が見落としている落とし穴の改善法

当方が任期で代表を務める「社団」の2次データから。

今回は、with コロナの中で、多くのお店が「顧客囲い込み」のために始めている「回数券」の話。
例えば、某店の手作り回数券
IMG_1365.jpg

裏面には同店の印鑑等をあしらっています♪

さて、このランチの回数券を販売するにあたり、
店頭や店内には、このようなPOP掲示がありました(↓)
IMG_1366.jpg

さて、今回の社団で紹介する2次データは、こちらです。
回数券販売を独自で実施している飲食店156店のうち、19店舗が、POP等で△△である

さて、この記事をご覧の皆さん、

上記写真を見ていただき、わかりますか?

そうですね。

回答は以下になります。

回数券販売を独自で実施している飲食店156店のうち、19店舗が、POP等で何がお得なのか?を説明できていない。

そう、12.1%もの御店が、この初歩的なミスをしています。

値がお得なのか?

提供する料理がお得なのか?

・・・etc

記載漏れが無いか、今一度、チェックしておきたいところですね。

そんなミスしないよ~

そのように思われるかもしれませんね。

実は、これらのミスをしている御店は

アルバイトやパートの方々に「経営者や社長が御願いし、作成していただいている」

そのようなこともわかりました。

アルバイトやパートの方に

空き時間等で作成を手伝っていただいた事業者の皆さん!

何気に過ごさないで

今一度、チェックです!


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP