Go to集客は基本に立ち返りクロスセルとロゴ記号化

新型コロナウイルスの拡大が心配ですね。
札幌市や大阪市では、GO to対象外など・・

余談を許しません。

しかしながら、まだ対象の地域においては、
せっかくの経済対策です。

万全の感染症対策を図った上で、しっかりと集客しておきたいところ。

そんな中で支援先で気づいたことを1つ紹介します。

==以下==
種々、Go to キャンペーン展開の中、
飲食店や小売店での「自店利用」を増やす取り組みを支援してきましたが、
1番効果が高い「売り方」が明確になってきましたので、紹介します。

逆を言えば、この内容を未実施で、集客苦戦している実情があったということです。
それは数年前に紹介した「販売単価向上策」(下図)のうち、クロスセルという方法になります♪
久保正英販促2.jpg

例えば、このようなものです。
久保正英(販促).jpg

ポイントは、主に以下です。

・Go to商品券1枚あたりの額面の区切り合わせ

・記号化としてGO toロゴのPOPデザイン必須

以上、まだGo to苦戦の飲食店や小売店の皆さん。
即実行あるのみですね♪

飲食店の場合なら、メニューで1000円区切りのメニューを用意するなど・・を指しますので・・
省略しますね。


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP