チラシを自作することをオススメする理由等

小規模事業者の方々の目線でチラシ作成について大切な論点をお伝えします。
1.jpg

1チラシ作成は自作すべきか外注すべきか

 チラシは原則、自作すべきです。外注すれば「おしゃれ」で「カッコ良い」ものになることは間違いないでしょうが、お客様に伝えたい「想い」が薄れてしまうことがあります。これは仕方ないことで、チラシを作成することを事業にしている会社は、あなたのチラシ以外にも、並行して多くのチラシを手掛けており、あなただけに想いを寄せて作成することは現実的に困難だからです。

2チラシを自作することのメリット
 
 チラシは、自作をオススメするわけですが、それには他にも理由がたくさんあります。その一例を次に紹介します。

・コストを削減できる。
 チラシを外注で依頼する場合、その業者に支払う費用が発生します。その費用が削減できます。

・編集が後から容易にできる
 これが1番のメリットだと言っても過言ではありません。例えば、過去のチラシを少々編集すれば、今回も充足できるとしても、外注していると簡単に編集ができないことが多いです。外注先のデザイナーに都度、修正依頼する手間や時間、費用が掛かってしまいます。自作をすれば、このような心配はありません。
 また、チラシを自作できれば、チラシを受け取るお客様のイメージに合わせて、内容を細かく変更できるようになります。新聞折り込みの時、ポスティングの時、店内で配布する時、店頭のラックに置く時、友人や知人のお店に配ってもらう時等々、それぞれの場面で、お客様の置かれている状況は異なるものですし、内容をこれらの場面に応じて細かく編集できることは、非常に効果的だと言えます。
 例えば、店内のレジで手渡す場合、既に御店で購買された御客様になるでしょう。一方、他のお店で配る場合、新規客を獲得することが目的だったりします。
 チラシは、受け取るお客様をイメージして作成するもののため、都度、細かく修正があることが「健全」な状況だと理解してほしいのです。

3外注する際は原案を用意しよう

 時間的都合から、自作が難しい場合は、少なくとも原案は自作するようにすべきです。なぜならば、依頼料金が安く済むことが多いからです。原案で発注すれば、デザイナーが考える時間や手間を削減できることに繋がるため、依頼料金の交渉の時に、有利に働くものです。
 また、御店の想いが、デザイナーに伝わりやすくなり、成果物の精度が向上するというメリットも生まれます。

4チラシの自作は何で作ると良いのか
 
 小規模事業者の場合、チラシの作成では、Microsoft Officeの「Word」(ワード)が1番オススメです。文書作成が目的のソフトのため、チラシも作成しやすいようになっています。Wordは多くの方のパソコンに入っているため、ファイルを受け渡す場合も便利です。また、デザイン性が求められるPowerPointやAdobe社の「Illustrator」などのソフトと違って、操作が容易な点もオススメできるポイントです。Wordを使ったことが無い方は、この機会にぜひチャレンジしてほしいものです。
 上級者の場合は、PowerPointのA4縦型を選択して、作成すると良いです。PowerPointの良いところは、図形や著作権フリーの画像利用等の加工が容易であることが挙げられます。


久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP