大小イベント主催者の集客成功の法則

飲食業、食品製造業、農業者の売上獲得支援をしている中小企業診断士の久保正英です。

事務所情報は ⇒ こちらをクリック

==

飲食店や食品製造業、食品スーパーなど、立場は違えど、種々の展示会や商談会に出展したり、自らインストアプロモーションを仕掛けたり、イベントは、売上のフックや、あらたな顧客層を獲得するために、取り組む場面が多いですね。

このようなイベントで、集客を想定通り以上、実現するにはコツがあるもので、その根幹を形成するものの理解が、はじめの第一歩と言えるでしょう。

今回は、この視点について紹介していきます。

集客できるイベントか否かの理由は様々ですが、概ね集客に失敗するイベントの論点は以下でしょう。

来場される方にとって「どのような価値があるのか」が各ブーズ(小間)で表現できていない。

⇒モノの紹介やモノの展示に終始している

集客できるイベントは、イベント全体が「明瞭に来場者を意識して、来場者にとっての存在価値」があるものです。

なぜ、このイベントが必要なのか?これが明確だということです。

各ブース(小間)(事業者)においても、「このブースは来場者にとって、このような価値があります」といった主張が必要です。

この実現には、マーケティングでは、ある意味当たり前の「コト消費」の意識が重要です。

「うちのブース(小間)は、このような課題の改善に貢献するために存在します」

「このイベントは、このような課題を改善することに貢献するために存在します」

つまり、モノを紹介するのでは無く、コトを紹介する意識が重要で、これが無ければ、来場者の興味喚起や、来場前の事前期待を超えていくことは叶わないでしょう。

以前、小規模事業者の立場で、展示商談会のブース装飾等の仕方(方法・手法)を以下のブログ記事で細かく紹介しましたが、ここにあるように「存在価値」をモノではなく、コトで考えることが重要だと言うことです。

⇒ ブログ記事はこちらをクリック

このブログ記事で言えば、「調味料いかがですかー?」という提案ではなく、「御社の食材の拡販をお手伝いします!」という提案です。

それぞれ、モノ提案、コト提案であることに気付いていただけるでしょう。

無論、後者の方が、バイヤーうけが良いのです。

==お知らせ==

ほか、集客や販促で必要な売上や集客につなげたい方向け記事を用意しています。一覧はこちらを クリックしてください。

久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP