国内で唯一の飲食店店主のキャラ

私の支援先の紹介。
今回は神奈川県の逗子市にあるラ・ベルデ。
イタリアンです。

店主の座間さんは、メディアでもちょくちょく登場するので
御存知の方も多いはず↓(漁の取材を受けている店主)
久保正英.jpg

先日支援の前に せっかくなので食べたランチはこちら↓
しらすパスタ ランチセット1300円
o1080081014773409788.jpg

o1080081014773409790.jpg

o1080081014773409791.jpg

o1080081014773409793.jpg

o1080081014773409794.jpg

例えば、このしらすパスタセットでは、自らが栽培、水揚げ、1次加工に関わっていない食材は、チョコレート、パインくらいのみ。
(とは言え、パインは西表島から、農家仲間からの調達。)

さて、この しらすパスタセット
私の見立てでは、1600円以上の値付けは必要な内容。
別の支援先のイタリアンだと、2000円以上は付けないと赤字。

ですが1300円で、ボリュームも大満足な提供。

これがなぜ可能かといいますと、この店主、実は農家でもあり、漁師でもあるのです。

農家で飲食店、
漁師で飲食店、
このパターンは世に多いのですが、

漁師であり、農家であり、・・といった店主は、
私が知る限り、この御店だけかもしれません。

なぜ、そのようなスタイルになったのかを店主の座間さんに聞くと、
納得いく食材が調達できないから、自分で何とかしようと思ったのが切っ掛けだとか。

ですから、早朝から漁に出て、仕込みを信頼できるスタッフに任せ、昼前に厨房入り。
ランチが終わり、直ぐに畑に行き、夕方17時に厨房入り。。笑
タフすぎる・・!

料理の腕も、実際食べていただければ理解できるとおり、大満足。
それもそのはず、本場ナポリで7年間修業してきた方ですから。

そのご縁で、パスタやオイル等は、すべてナポリ時代の仕入先から現地調達なのです。

いかがですかー?
気になるでしょう・・。
必ず予約を入れて、お出掛けくださいね。

さて、このような優秀な御店が、どうして私などの支援が必要なのか??疑問に思うところでしょう??
それも そのはず。

恥ずかしさを隠しながら、簡単にご説明すると・・
そこが私の魅力なのでしょうかね・・??笑
なーんてね・・。

私の方こそ、種々、学ばせていただいていますよ。。♪


久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP