捨てれないチラシが繁盛チラシ

私の事務所から「ほど近い」家具の製造販売事業者「bc工房」という支援先の紹介です。
http://www.bc-kobo.co.jp/
久保正英.jpg
(本社 相模原市 旧藤野町)
久保正英2.jpg
(東京 渋谷区神宮前)

1点から数点物の椅子(少々テーブル)を、
種々のコダワリ(木の産地、木の種類、造形や形状、デザイン等)に共感してくださる顧客を中心に製造販売しています。
8割がリピーターで、2割が新規の売上構成比です。

実は、この2割の新規、ここが同社の特長なのです♪

主要商品は、椅子で、利用場面や用途に応じた1点ものを得意としています。
IMG_0408.jpg

IMG_0407.jpg

IMG_0409.jpg

脚本家の倉本聰氏や有名旅館など、
顧客として家具や装飾業界に影響力の多いインフルエンサーを多く抱えているのも特徴です。

ここの椅子はとにかく重い((-_-;))笑 ことが特徴です。

お客さんからは、重厚で頑丈な造りのため「重い」と言われることが多いのです。
ただ、1人1人の姿勢等に合わせたり、矯正したり、とのコダワリが評価され、

「座り心地は、申し分ない!けれど「重い」」(笑)のです。

そう、ここの経営方針が「重いから想いへ」。
社長が関西人ですから、そのあたりの表現も「工夫」が有って・・。

さて、先ほど、新規が2割、ここが大事・・と話しました。
実は、同社、新規の御客様は最大で20年前のチラシを手にして来店されるのです!

ここの椅子は1点もので種々のコダワリがありますので、
ニトリやIKEAで気軽に購入ってなノリにはなりません。
なにせ高価格の値付け♪

ですから、チラシを手にしても直ぐに買えなく、いつか戸建てを購入したら、いつか出世したら・・

そんな発想でチラシを大事に保管されて、数年から20年後に来店され、購入していくのです。

ただ、これは偶然ではありません。
社長が、以前、西武の堤さんのところで学んだ方で、

当時から「良いチラシ」は「捨てられないチラシ‥」だと教育されて今に至るからだそう。

支援が始まってから、同社のチラシを都度、拝見するのですが、
逆にとても勉強になります。
久保正英3.jpg

ポイントを紹介すると・・
⇒「椅子」の「暮らしの中での役割」
⇒家具の「暮らし」での位置付け
⇒どういう人と同社は「お客様」と出逢いたいか・・の要望(同社からの顧客の選別)
⇒コダワリの説明の詳細さ・・

このチラシを受け取った方は、私には時期早々、いつかは・・?と思うのだろうな・・と

ただ社長は言います。
「0.1%の反応率で充分」だと。

そう逆に言うと、
椅子や家具への「本気のコダワリ」が持てるお客様は、0.1%ぐらいしか存在しないのだと・・。

この0.1%:調べてみてください。ちゃんと種々の2次データで、家具で価格が高くとも、購買できる顧客層の数字とピッタリです。

いかがでしょうか。
いわゆるIKEAやニトリなどの量販店の攻勢に苦しむ・・
個店の家具屋さんには、
とても参考に成るのでは無いかと思う
ので、事例として紹介しておきました。

余談ですが、
このほど 私の事務所のテーブル用に 桜の木の1枚ものを調達しました♪
IMG_0406.jpg

事務所のデコレーションが楽しみです♪


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP