飲食店等が集客を外部支援に頼る前提について

今日は朝から、鎌倉、葉山、逗子エリアのクライアント周り、
それから、逗子市商工会の専門家派遣事業。
このエリアの顧問先を周るのは、いつも楽しみの1つで、
今日は天気も良く、富士山がクッキリと見えました♪

逗子海岸より富士山♪
F1F3A716-43CF-4FB7-9300-1B1DD6433253.jpeg

この海岸沿い(湘南エリア)には、顧問先が2軒ありまして、いずれも飲食店です。
定期訪問でしたので、茶菓子をいただきながら、前回訪問から今回迄の集客状況について確認しておりました。

そんな中、2軒とも同じような課題を御持ちのことを把握しました。
それは、地元の(地域の)方の来店が激減した・・というもの。

このエリアは観光地でもありますので、
GO to キャンペーンが始まってから、結構な交流人口になっています。
推察するに、コロナがまだまだ収まらない中、
地域の方々が、これら他地域からの来街に距離を置いてるのでは?

あるいは、
観光客が増えて、地元の方が委縮して来店しづらいのでは?

さて、
突っ込んで、確認をしていたところ
「観光客ほどほど、地元顧客多勢」
このような状況が理想とのこと。

実は、今回の支援、当方からの回答は避けさせていただきました。
それは、明快な解を当所として、持てないから。
支援者として いい加減な回答は出来ないからです。

その解は、近いうち(つまり1ケ月後)には出さないといけないので、
その際、どのような回答をしたかは、改めて紹介させていただきたくとして・・

さて、
経営者として、集客の結果、想定した客層と異なる・・
あるいは、
想定した客数を充足出来ていない・・
このような場面は度々、遭遇するものです。

その場合、
想定した・・という論点を持っているか否かが「とても重要」です。

想定していない場合、
種々の集客策や販促策は 単刀直入に言えば、
場当たり的であり、ツール(チラシやフライヤー、SNS)で発信する情報は、
誤解を恐れずに言えば適当・・だったりします。

もっと遡って言うと、
ストアコンセプトが形骸化している、あるいは存在しない・・とも言えそうです。

これは、支援者としては、厄介です。
まずは、そこからサポートしなければなりません。

ですが、
創業したときを思いだしてください。
2代目、3代目で無く、自ら当代で起業しているのであれば、
創業時には、ストアコンセプトと言えるものでなくても、
想いや気持ちはあったはずです。

さて、
何が言いたいかと言いますと、
飲食店の皆さんが、外部委託で、集客等の支援を頼む場合、
少なくとも、御店の想いや考え、できればストアコンセプトくらいは明確にしておいていただけると、
支援する側も「成果と目標」を掲げやすく、有効なサポートになりやすい!ということです。

ダラダラと今日は、記述しましたが、
極端に言えば、現在、新規で、
当所に問合わせをいただいている食品製造業や飲食業の方々に言っています。

まずは、そのあたりの整理をなさって、
「うちは、こんなお店になりたい!」を言えるようになってから
御声掛けいただければ、当所としては最大のパフォーマンスを提供できると判断しています♪
(当初のスタッフ 坂元先生も同意見です 笑)

久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP