コロナ融資 資金繰り表重要CF計算書無用

こういう状況なので相談が多いのですが
いわゆる「コロナ融資」
返済までの据置期間も長くとれるとあって 利用が多いですよね。

商工会や商工会議所では、給付金の話よりも多い気がします。
その中で、個社の皆さんが理解に苦しむのが「資金繰り表」「CF計算書」だったりします。

商工会の斡旋で日本政策金融公庫などでは、CF(キャッシュフロー)計算書を求めないのですが、
他の金融機関だと、チラホラ求められます。
要するに資金繰り表とCF計算書も必要だと・・。
なぜ?

結論から言いますと(誤解を恐れずに書きますと・・)、
私は、次のようにCF計算書の作成は、お断りしてもらってます(支援先に・・)
なぜなら、この経営環境において
重要な資料は「資金繰り表」だからです。

「資金繰り表」も「CF計算書」も
損益計算書や貸借対照表の裏側にある「実際のお金の流れ」を金融機関等が確認するために求めるもので、
その点は一緒なのです。

何が違うかと言いますと、
「資金繰り表」は未来のお金の流れを確認するもの
「CF計算書」は過去のお金の流れがどうだったかを確認するもの。

無論、どちらも大切な資料なのですが、
今、個店や個社が借り入れて、据置期間後の返済余力を確認するという意図で言えば、
未来のお金の流れを確認する「資金繰り表」こそが重要ということになります。
(キャッシュフロー(CF)計算書など、不要です・・誤解恐れずに書くなら・・)

売上補填目的で借入るわけですが、
いずれにしても据置期間が終わったら返さないといけません。

ですから金融機関の融資担当の方は、
本当に返せるのか?を確認したいのです。

話は変わって、資金繰り表作成ですが、ポイントは売上のシミュレーションでしょう。
売上を返済が始まる時期までに、上昇させておかなければ、返済原資を持てないからです。

私の所感では、コストカットについては限界があります。
多くの個店や個社は「無駄なお金」を掛けないよう努力していると思いますよ。

ですから、未来のお金の流れがスムーズです!と説得する「資金繰り表」作成においては、
必ず売上拡大が必須ともいえるのです。

では、どうするか?
前も記事にしましたが(下記、特記のお知らせにあります)、
私は次のように考えています。
上流や下流工程への百姓化の実現」です。

そう、本業でシナジーがある分野で収入手段を多様化するのです。

例えば、ナポリタンが売りの御店なら、ソースやパスタの物販
ナポリタンの作り方 子供料理教室の開催、等々

アイデアは無限です。
大企業では、それがいくら儲かる?ってな感じで却下でも、
個人や小規模事業者なら、
その毎月の10万円、20万円が定番(本業)売上に加算されるだけで 非常に資金繰りが楽になります。

そういった視点で、資金繰り表を作成していくことを「強く(笑)」オススメします。
なお、数字を作る前に下表のようなものを使うと良いですよ。
久保正英.jpg

左側に 言葉で何をするかを書きだします。 右側に実際に「お金(円)」で積算していきます。
この後、資金繰り表の勘定科目に落とし込んでいくと、理解が深まります。

コロナ憎し・・
お互いに頑張って乗り越えていきましょうー!

今回のキーワード:コロナ融資,資金繰り表,,物販,テイクアウト,ホテル,旅館,民泊,飲食店,コロナウィルス,web飲み会,飲食店経営,記号消費,口コミ,リピート率,新規客,固定客,集客,物販,飲食店,食品物販,マーケティング,販売促進,商品開発,メニュー開発,食品,広告宣伝,チラシ作成,販路開拓,販促


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP