交絡因子を見つけると適切なターゲット設定可能

皆さんの事業の周りには、
種々の2次データが存在しますね。

この2次データは、経営や運営において、種々参考にできるわけですが、
私が1番オススメしたい活用方法は「適切なターゲットの設定」に役立てることです。

ポイントは因果関係がありそうな2次データに視点を合わせること。
例えば、学習塾が以下のような2次データに注目したとしましょう。

図1.jpg

これは、テレビの視聴時間と子供の学力の関係性の2次データです。

テレビ視聴時間が長いほど、学力が落ち、テレビ視聴時間が短いほど学力があがっているデータです。
なんとなく納得(笑)

このグラフは傾きが直線ですので、因果関係がありそうですが、
果たして、どうでしょう?

子どもが自ら、テレビ視聴時間を全て管理できるとは思えませんし・・

そう実は、親や保護者の存在が背後にありそうですね。

親や保護者が「勉強しなさい!」とテレビを見ている子供達に教育するから、視聴時間が減り、学力があがるのでしょう(笑
このように2次データの背後には、その結果(ここではテレビ視聴時間と学力)に影響する要因が存在することがあります。
つまり、これを交絡因子と言うのですね。。♪

つまり、
テレビ視聴時間が短い⇒学力あがる
これがこのグラフの真意ではなく

テレビ視聴時間が長い⇒親や保護者が教育⇒テレビ視聴時間が短い⇒学力があがる

これが真意だと言えそうです。

このように一見、因果関係に見える2次データを探し出し、
その背後に交絡因子(ここでは、親や保護者の存在)があるようであれば、そこがターゲットにすべき相手!ということです。

学習塾は、例えば小学生の子供に直接営業するわけにはいきません。
無論、親や保護者に営業するでしょう・・

これが当然なのは、交絡因子から説明できるのです。

さて、みなさんの商売、適切なターゲットを設定できていますか。
ぜひ、周りの2次データに着眼し、ご自身のターゲットを探してみてくださいね。

もう1つ事例 佃煮
図2.jpg

上記に説明ありますが、佃煮の需要が伸びるのは、御米の新米の時期に・・
そうであれば、ごはんの御供に・・これが提案すべきターゲット像なのでしょう。


売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP