販路開拓で重要な集客導線数値計画について

お客様というものを理解するのは
非常に難しいですね。

ましてや、
どれだけ買い物してくれるか?なんて知る由もありません。

ですが、
販促予算を決めたり、
販促活動の活動量を決めるには、

その「どれだけ買い物するか?」を「ある程度」は想定しないといけないことになります。

そんなわけで、支援先で話をしている「想定の仕方」
つまり、集客導線数値計画について、今回は説明します。

例えば、目標売上が1000万円の食料品小売事業者があったと仮定しましょう。
食料品小売.jpg

仮に千円の客単価ので始めるならば、1000万円では、1万人の購買に至る集客が必要です。

1万人が来店されたから言って、全員が購買すると限らないので、
例えば1/3が購入すると仮定すると、3万人の集客が必要です。

ここで言う集客動線とは、どういうところで情報を経て来店されたかを指します。

従ってGoogleマイビジネス経由で5000人、ネットブログで1000人、
立地地域の折り込みチラシで10000人、友人お店にチラシ置いて50人。。etc

出来る限りどの動線から3万人導くのかを計画し進めることがポイントになります。

さらには、例えばネットブログで1000人がページ見たからと言って、1000人が来店するわけが無いので、
仮に1/10とすれば、10000人の目にとどまるブログコンテンツでなければなりません。

なお、ここで1/3や1/10という確率を採用していますが、
その根拠は以前の記事で触れた通りで、数値を選んでいただければ良いですね。

いずれにしても、
このように、何人に購買してほしいから、何人に情報が伝わらなければならない・・
そのように、数値で確認しておくことが、集客導線数値計画であり、
販促予算を決めたり、
販促活動の活動量を決めるには、必要な要素
なのです。

余談ですが、
この何人に購買してもらわなくてはいけないか?
1日あたりは?
1ケ月あたりは?
1年では?

この求め方は、
先日記事にした、原単価管理法で確認可能です。
(記事は こちらをクリック


久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP