コロナ禍消費動向V-RESAS飲食・食品/菓子製造業の即実施策について

今回紹介する2次データは「V-RESAS」の12月1日時点のものです。
その内容を踏まえ、私の所感です。

下記画像は飲食店検索者数の動向です。
飲食店検索者数.jpg

Rettyという予約サイトの検索動向が、
前年同月比と比べ、今年はどのように推移しているかを表したものを、スマホでキャプチャーしたものです。
前年を下回っていますが、同サイトを多様しない方も含めて、考えると、このようなマイナス幅で済むわけがないですよね。

続いて、御覧いただきたいのは、
大規模イベントのチケット販売数の前年同月比の推移です。チケットぴあの情報のようです。
イベントチケット販売数.jpg

飲食店より、明確で、やはり罹患を恐れて、避けている、あるいは主催側がイベントをキャンセル(見送る)しているのでしょうね。

一方、Yahoo!の検索動向のようですが、屋外・レジャーの検索動向は、
全年同月比に比べ、伸長しています。
屋外・レジャー検索動向.jpg
3密避けてという購買行動が理解できます。

更には、宿泊者数の前年同月比の推移です。
宿泊者数推移.jpg

Go toキャンペーン手伝い、近月では伸びていますね。
これは観光予報プラットフォーム推進協議会の提供のようです。

あともう1つ。
これは、POSデータによる売上の前年同月推移(主に小売)のようです。
POS売上動向.jpg

GO toがはじまり、一時期、近月では落としていますが、
全体的には、前年を大きく上回っています。

==以上 いかがでしょうか?==

私の支援先の方へのメッセージとして所感を書くならば、
次のような取り組みがポイントになろう・・と整理できます。

≪飲食店≫
 ・3密避ける空間創りの徹底
 ・年末年始に向け素性が分かり合える関係性の顧客グループの貸し切り宴会予約
 ・入店者の体調を確認するアンケートや消毒の徹底など
 (アンケートは以前のブログでダウンロード用意してあります)
 ・モノ消費では無く、コト消費の誘発で、店内誘客やテイクアウトメニューの集客可能
 (この論点は、あらためて記事にします)

≪食品/菓子製造業(食品スーパー含む)≫
 ・巣ごもり年末年始基調に向け、バイヤーへの種々の販促提案
 ・モノ消費で我慢しつづけている顧客向けに、コト消費をコロナ沈静化以降体験できるインストアプロモーションの実施など

 

久保 正英(中小企業診断士・マーケティングコンサルタント)

加工食品事業者や飲食店等の消費者向け商売の「マーケティング」戦略立案と実行支援に日々取り組む。 支援する事業者のスキルや、置かれている事業環境を踏まえた「実現性の高い」支援が好評である。

講演やセミナー、執筆においては、「出来ることから出来るだけ実行」をモットーに、実効性の高い内容を傾聴、傾読できる。

2016年には、記号消費論を活用した「集客の手法論」を広く世間に公開し、その内容が認められ「中小企業庁長官賞」を受賞した。

近年は、存在価値論を支援研究テーマに掲げる一方、農林水産省や環境省の委員を2013年以降現在まで歴任しており、飲食業、食品製造業、農業、水産業といった業種の政策への提言も積極的に行っている。

主な著書に『飲・食企業の的を外さない商品開発~ニーズ発掘のモノサシは環境と健康(カナリア書房)』 『「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ (DO BOOKS・同文館出版)』がある。

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP