コロナ禍で見えた飲食店3つの勝ちパターン紹介

飲食、食品製造業等、食関連事業者の売上獲得/集客/販促支援コンサルタントの久保正英です。
今日も、数あるブログの中から、ご訪問いただき、ありがとうございます。
今日も、雪深い秋田県内での支援中です♪
IMG_2042.jpg

===
今日は、種々の支援や、同業の方々との情報共有を含め、
1つの確信を得たので、紹介しようと思います。

それは、コロナ禍で休業要請もありました。時短要請もあります。
図2.jpg
種々の苦境にあっても、工夫を重ね、
必要な売上を確保し、雇用を守り、
繁盛している御店パターンが3つあることを紹介したいのです。

それは下記です。
図1.jpg

この3つのパターンに言えること、
それは何でしょう?

それは以下の論点になります。
・限られた時間・限られた場等でも「集客」する地力を持っていること
・アフターコロナにあっても活かせる「経営資源の蓄積」になっている取組みノウハウであること

こうやって説明すると難しいですよね?

では、今後、上記3つのパターンについて
支援事例を踏まえ、紹介していきたいと思います。

乞うご期待!

売上を伸ばすことで
1)根本的な経営改善をしたい
2)資金繰りを改善したい
3)知恵やスキルを身につけたい

そのようにお考えの方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

※メールは24h受け付けています。

おすすめ記事

PAGE TOP